自宅で淹れるアイスコーヒーは格別のうまさ

1日の水分補給のほとんどをコーヒーにしてしまうほどコーヒー好きです。

暑い季節や火照った体にアイスコーヒー、最高ですよね。アイスコーヒーには苦味が強い方が合うように思います。冷たくなると味がぼやけてしまいがちなのでガツンと強い味が美味しく感じます。

いつも自宅でドリップをしてグラスに氷を入れて一気に冷却しアイスコーヒーを作っています。また、最近はコンビニエンスストアのコーヒーも低価格にもかかわらず美味しくいただけるものが多いのでよく利用しています。私がさらに重要視しているのがグラスです。

アイスコーヒーを美味しく楽しむ為にグラスは少し贅沢な高級品を利用しています。私の場合、高級なグラスを見ているだけで気分が高まり楽しくなるのでお気に入りのグラスにコーヒーを入れて至福のコーヒータイムにしています。

また、氷作りにも手をかけます。普通の冷凍庫で作れる四角い氷でも良いのですが、球形の氷を作成します。これはグラスにとても良く合い、やはり気分を高まらせる効果が大きいと感じます。

球形の氷が熱いコーヒーによって溶けていく様は風情があっていいですよ。アイスコーヒーの飲み方は主にブラックが多いですが、たまにはたっぷりのミルクを加えてラテにして楽しんでいます。その時にはエスプレッソを用意してアイスカフェラテにします。

また、ミルクと合わせて飲む濃縮型のコーヒーがペットボトル飲料になってスーパー等で販売されているのでそちらを利用することもあります。以上が私のアイスコーヒーの楽しみ方ですね。

私が住んでいる沖縄の様に暑い場所で飲むアイスコーヒーは最高です♬

お家で手軽にラテアートを楽しむポイントをご紹介

私が一番好きな沖縄のお土産は「紅芋タルト」です。

色鮮やかで、1つのサイズが大きいので見栄えもします。ちんすこうに比べ好き嫌いがなく食べやすい商品だと思います。タルトの中身は甘く、紅芋の味がしっかりついていてやわらかい食感です。その甘さは、人工的なものではなく紅芋そのものの味といった感じで甘すぎず、食べやすいです。

今日のコーヒーの話はお家で入れるエスプレッソ系ドリンクのコツにうちてです。

私の家族はアメリカンなコーヒーとカプチーノやラテが大好きです。

最近、デザインカプチーノやキャンバスを作って楽しむ人が増えています。私もやってみたいのですが、どんな方法と器材が必要なのかを調べ作ってみました。

まずフォームドミルクの作り方をマスターしなければなりません。フォームドミルクとは泡立てた牛乳のことで、牛乳の種類は低脂肪乳や加工乳は泡たちが良くないのであまり向きません。使うのは乳脂肪分3パーセント以上ある、成分無調整の物が良いです。出来れば底の丸い容器を使うと撹拌しやすく、直角の物より上手く泡立てられます。


マシーンを使わないと出来ないと思っていたのに、ミルクフォーマーを使うと案外簡単に作ることができます。牛乳を泡立て、アレンジコーヒーやカプチーノを作ることができるなんてとても楽しみ!今ではコーヒーは大人だけの物ではなく、ちょっとした花や動物の顔をキャンバスに描き子供たちを喜ばすこともできます。

ラテアートの定番ハートを若いカップルが楽しむのもいいですね。ミルクフォーマーの他にあれば役に立つものとして、泡立てる容器、ミルクジャグ、キャンバスに絵を描く時に必要なピック、スプーンなどがあれば大丈夫です。キャンバスに絵を描くのはまだまだ難しいので、とりあえずはフォームドミルクの作り方を上手くできるようにしましょう。

私のコーヒーの楽しみかた

昨日は仕事や休みだったので、北谷のアメリカンビレッジにあるお気に入りのカフェに行ってきました。そのカフェは店内にハンモックやテントがある変わったお店です。場所がかなりいいオーシャンビューでいい場所なので、ハンモックで揺られながら夕日とコーヒーを楽しむなんて最高でした。

おしゃれなカフェも好きですが、仕事帰りに車の中で味わうコーヒーが好きですね。特に、メーカーにこだわりはなく、コンビニで購入したカップのコーヒーも缶コーヒーも好きです。缶コーヒーも、最近は、容量が増え、フタが付いて飲みやすいうえに、味も香りも素晴らしくなってきて、とても嬉しくありがたく思います。


缶コーヒーは、豆を深入りしたものや、香りを重視したものや、アロマやコクや酸味など、メーカーによって、良いところが様々ですが、その日の気分や自分の五感が求めているものによって、選んでいます。
私流の私なりの楽しみ方は、仕事帰りの車の中で、ホットコーヒーをいただく事です。2重の楽しみ方・味わい方があります。まずは、車の中で、普通に開栓して、温かいうちにいただく事で、充分に美味しく味わう事ができ、ホッとタイムになっています。


その後、私が、大好きで必ず行っている味わい方があります。1度、買い物か何かで車を降り、車に戻って乗った瞬間です。
車の中には、コーヒーの香りが、満たんに漂っています。車のドアを開けて、車に乗った瞬間、その香りに一気に包まれて、とてもリラックスした幸せなひとときを味わう事ができます。


仕事で疲れた心身が、一気に癒されてほぐれる感じがします。
コーヒーは、心身に様々な効能があると言われていますが、私にとっても、無くてはいられない心身の癒しになっています。

沖縄でもスターバックスコーヒーは人気

沖縄名物といえばやはり「ちんすこう」ではないでしょうか?「ちんすこう」は口の中でほろほろと崩れるような食感で、紅芋味やチョコ味、塩味など幅広い年代の方に楽しんでもらえるよう多くの味の種類が販売されています。

沖縄土産として有名です。一番のおすすめは「雪塩 ちんすこう」です。塩味が良いアクセントになっており、食べ始めると止まりません。どんなものでも、塩気と甘味がミックスされると美味しいです。

ただ、ちんすこうは水分気がないので、コーヒーや紅茶などと一緒に頂くことをおすすめします。お土産として購入する人が多いので、様々な味の詰め合わせやビックサイズなども販売されており用途に合わせて好みのちんすこうを見つけられますよ。

沖縄にはいろんなおしゃれなカフェやコーヒーショップがありますが、気軽に寄れるコーヒーショップのスターバックスはいいですよね。仕事の合間に休憩したり休日友人と出かけたりしてます。

昔はカフェと言っても昔ながらの小さな喫茶店が多くて老人達の憩いの場のイメージがあったんですが若者たち向けにオシャレな外装をしたカフェも増えてきました。

その中でもチェーン店を展開し勢力を拡大し人気を集めているのがスターバックスです。スターバックスの店舗はけっこう広くてゆったりした空間を展開しておりとてもリラックスできるような空間になっていると感じてます。

バリスタさんの対応もとても丁寧に感じましたし気軽に世間話とかもできる気軽さがいいですね。どの店舗も大体は室内の席とテラス席を設けているみたいですけど自分はテラス席でまったりと夜風に浸りながら読書やゲームやパソコンなどをして過ごすスタイルが好きですね。メニューに関していえば基本飲み物はコーヒー系とフラペチーノ系に別れているんだけど自分の好きなメニューは大体フラペチーノ系に多いですよ^^

スターバックスの強みは他のカフェにはないようなトッピングの豊富さだと思います!サイズだけでなく例えばチョコレートチップを増量したりシロップを変更したりソースを追加したり様々なバリエーションが試せるんですよね。だから同じメニューでも色んな試し方がある故何度も足を運びたくなってしまいます!

交通アクセスも便利な場所にあるところが多いです。こんないいことづくしのスターバックスをお勧めします☆

沖縄産のパイナップルの甘さは格別です。

初めまして。

今日からブログを書き始めることになった沖縄んガールです。

生まれも育ちも沖縄の私が美味しい沖縄をお届けできればと思ってます。沖縄は独自の物産の宝庫です。その土地柄と気候により、本土とは違うのはある意味当然ですが、本土ではまずお目にかかれない農産物の一つを紹介します。

それはパイナップル。南国の楽園を代表するフルーツとして広く認識されていますが、ここ沖縄では全域にパイナップル農園が広がっているわけではありません。実はパイナップルは酸性の土壌を好み、沖縄の中部地帯で栽培されているのです。私が最初に沖縄へ訪れたのは今から30年以上昔となりますが、その頃にはもう沖縄を代表する観光地の一つとして知られていました。つい先日、再び同じ地域を訪れる機会に恵まれたのですが、風景は一変していましたね。

あの当時はいかにも農産物の販売所、というイメージだったのがトロピカルフルーツ王国といった趣になっていたのですから。様々な果樹が植えられ、色取り取りの鑑賞用の鳥類も飼育されていて、なるほどなと思いました。赤土に緑色の葉の上に小粒なパインが並んでいたのとは大違いでした。

施設の職員の案内によって一通り園内を巡った後は、お待ちかねの試食タイム。皿に盛られた小口切りのパインを観光客が思い思いに口にするスタイルでした。生のパインの食感が口の中に広がります。当たりが良くなかったのか、特に美味ではないようでしたが、それでも満足するまでは口に出来ましたが。今年は生育がいまいちだと案内係も言っていましたが、園内の隅で見かけたパインは確かに小さく、青いままでしたからそれが味に出たということでしょうか。

販売コーナーには他にも珍しい果物も売られていて、外地とは違って植物検疫の必要の無い沖縄のありがたを感じましたよ。私は格安だというバナナを一本買ってみたのですが、とても味わい深い物でしたね。コクが違いましたから。未成熟なまま輸入して国内で追熟させたのとは大違いでしたよ。

最初にパインを買った時も熟成させ過ぎて腐敗寸前の実を家族全員で処理したという苦い思い出が脳裏に浮かび上がりました。何事にも時期というものがあり、それを見違えると良い結果には結びつかない。今回のパインは時期が良くなかった。そう思いかけていました、あの時までは。前回食したあの時のパインはうまかったけれどな、と思いながら夕食の食事会場へ行きました。バーベキューのバイキングには、肉以外にも様々な食材も並べられていました。

その時のパインがまさに最初の沖縄での味だったのです。パインの生果には肉類の消化を助ける効果があるので、もしかしたらそれも作用したのかも知れませんが(未熟過ぎると口の中が荒れる可能性もあるので御注意ください)、王国の物よりはるかに美味だったことは間違いありません。沖縄土産として一人一個ずつ貰ったパインは小粒でしたが、農園で口にした物よりも濃厚であり、あの時の感激が再び時を経て蘇ったのです。

これくらいなら一本くらいは、と思わされました。

 

これからよろしくお願いします。

島袋彩未