お家で手軽にラテアートを楽しむポイントをご紹介

私が一番好きな沖縄のお土産は「紅芋タルト」です。

色鮮やかで、1つのサイズが大きいので見栄えもします。ちんすこうに比べ好き嫌いがなく食べやすい商品だと思います。タルトの中身は甘く、紅芋の味がしっかりついていてやわらかい食感です。その甘さは、人工的なものではなく紅芋そのものの味といった感じで甘すぎず、食べやすいです。

今日のコーヒーの話はお家で入れるエスプレッソ系ドリンクのコツにうちてです。

私の家族はアメリカンなコーヒーとカプチーノやラテが大好きです。

最近、デザインカプチーノやキャンバスを作って楽しむ人が増えています。私もやってみたいのですが、どんな方法と器材が必要なのかを調べ作ってみました。

まずフォームドミルクの作り方をマスターしなければなりません。フォームドミルクとは泡立てた牛乳のことで、牛乳の種類は低脂肪乳や加工乳は泡たちが良くないのであまり向きません。使うのは乳脂肪分3パーセント以上ある、成分無調整の物が良いです。出来れば底の丸い容器を使うと撹拌しやすく、直角の物より上手く泡立てられます。


マシーンを使わないと出来ないと思っていたのに、ミルクフォーマーを使うと案外簡単に作ることができます。牛乳を泡立て、アレンジコーヒーやカプチーノを作ることができるなんてとても楽しみ!今ではコーヒーは大人だけの物ではなく、ちょっとした花や動物の顔をキャンバスに描き子供たちを喜ばすこともできます。

ラテアートの定番ハートを若いカップルが楽しむのもいいですね。ミルクフォーマーの他にあれば役に立つものとして、泡立てる容器、ミルクジャグ、キャンバスに絵を描く時に必要なピック、スプーンなどがあれば大丈夫です。キャンバスに絵を描くのはまだまだ難しいので、とりあえずはフォームドミルクの作り方を上手くできるようにしましょう。